ホワイトバランス(WB)と色温度を理解して色味を変えよう!

スポンサーリンク
基礎知識

撮った写真を見たとき、「肉眼で見たときと色が違う…」と思ったことありませんか?それはホワイトバランスを調整することで解決できますよ。

みなさんは写真を撮るとき、ホワイトバランスを気にしていますか?私は後でRAW現像する際に調整するので、基本的にオートで撮るため気にしていません。

とは言え、JPEG撮って出しの人など後からRAW現像しない人は、撮影時にホワイトバランスまで気にして撮影した方が良いでしょう。

私もRAW現像をするようになるまでは、ホワイトバランスをもきちんと設定して撮影していました。その方がイメージにあった写真に仕上がりますからね。

ホワイトバランス(WB)とは?

みなさんはいつもどんな光の環境で写真を撮っていますか?

屋外なら晴天、曇天、明け方や夕方、屋内なら蛍光灯の下、電球の下など、いろいろな光の環境がありますね。実は、それぞれの環境では光の色が異なっているので、それによって被写体の色が変わってしまします。

人間の場合、どんな光源でも「白いものは白い」と自動的に補正するので、特に違和感なく見えていると思いますが、カメラではきちんと設定していないと、白いものが青白くなったり、黄色味がかったりして、正しい発色をしてくれません。

そこで、どのような光源でも「白いものは白く」撮影できるようにするのがバランスをとるのが「ホワイトバランス(WB)」という機能です。

まぁ、基本的にオートホワイトバランス(AWB)に設定しておけば、カメラが自動的に補正してくれますが、それを言っちゃ話が終わってしまいますのでw

色温度・ケルビンとは?

環境によって光の色が異なるという話をしましたが、その光の色を表す尺度として「色温度」が使われます。単位はケルビン(K)を使います。

色温度色味光の種類
約2000K赤に近いオレンジ朝日・夕日・ろうそく
約3000Kオレンジ白熱電球
約4200K黄色味がかった白白色蛍光灯
約5500K日中の太陽光
約6500K青味がかった白曇り
約8000K濃い青日陰

色温度が低いほど赤やオレンジ色で、そこから色温度を上げると黄色味がかった白、さらに上げると白、さらに上げると青味がかった白になります。

注意してほしいのは、色温度は「色を数値化」したものですので、実際の温度とは関係ありませんし、明るさとも関係ありません。

カメラの色温度は逆になっている?

カメラのホワイトバランスで色温度を変更して撮ってみると、色温度が低いほど青みが増し、色温度が高いほど赤みが増します。先ほどの色温度の説明とは逆の結果になってしまいます。

これはホワイトバランスが「白いものを白く」写るようにバランスをとっているからなんです。「撮影した環境の光源の色温度」と「カメラのホワイトバランスの色温度」を組み合わせて、ちょうど「白いものが白く」写るように補正しているということです。

例を挙げて説明すると、

撮影環境「白色電球(赤)」+WB「太陽光(白)」だと写真は(赤)になります。

これをホワイトバランスで正しい白を出すには、

撮影環境「白色電球(赤)」+WB「白色電球(青)」で写真は(白)になります。

つまりカメラ側の白色電球を逆の設定になることで、「白色電球(赤)」の環境で「白色電球(青)」のWB設定とすると(赤)と(青)が相殺されて「正しい白」を出すことができるということです。

ホワイトバランス(WB)の設定画面と撮り比べ

ホワイトバランスの設定画面を見てみましょう。これは私の使っているCanon EOS 80Dの設定画面です。

左端が「オートホワイトバランス(AWB)」で、その右側に「太陽光」「日陰」「くもり」「白熱電球」「白色蛍光灯」「ストロボ」「マニュアル」「色温度」となります。

手動で設定したい場合は「マニュアル」「色温度」で設定すれば良いでしょう。

同じ部屋の同じ蛍光灯の下で同じカメラ(Canon Power Shot G7X MarkⅡ)で撮り比べてみましたが、だいぶ色味が異なるのが分かると思います。

「日陰や」「くもり」は黄色みがかって、「白熱電球」は青みがかっていますね。

オートホワイトバランス(AWB)
日陰
白熱電球
太陽光
くもり
白色蛍光灯

肉眼と比べてみると、太陽光と白色蛍光灯の間くらいな気がします。AWBは少し青みが強いように思いました。もちろん環境によって見え方は違ってくると思います。

ホワイトバランスを使った表現

ホワイトバランスは基本的に「白いものを白く」写すことが目的ですが、この機能を使って表現に生かすこともできます。

夜景は青みを増して都会感を演出

夜景をクールな都会的な雰囲気にしたいときには、青みが増すようにする調整すると良いでしょう。逆に温かみのある雰囲気にしたければ、赤みが増すようにします。

朝日・夕日は赤みを強調

昼間の光よりも朝日・夕日の方が赤みが強いですよね。それをさらに強調してみました。ただし、朝日を赤くしすぎると夕日っぽく見えてしまいます。

夕日でも青みを増して幻想的に

これは夕日ですが青みを増して幻想的に雰囲気にしました。どちらかというと朝日に見えなくもないですね。

料理はやや暖かい色味で

料理は一般的に温かい色味で撮るとおいしそうに見えます。逆に青っぽくなるとおいしそうに見えません。青は食欲減退の色らしいですからね。

まとめ

ホワイトバランスは基本的にオートで撮っていても大きく外れることはないと思います。しかし、表現したい色味と違うときは、積極的にホワイトバランスを変更してみましょう。

色味を変えるだけで写真の印象は変わります。ホワイトバランスを理解して写真表現に活かしてください。

RAW現像までできるようになったら、オートで撮って後から調整でも構いませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました