オートで満足していない?他の撮影モードも試してみて

スポンサーリンク
基礎知識

デジタルカメラを初めて手にした方の多くは、とりあえず撮影モードを「オート」にして撮影していると思います。もちろんカメラの性能が向上によりオートでも十分撮影できます。

「オート」以外にもいろんな撮影モードがカメラには備わっていますが、気にはなっているけれど、何となく難しそうだから使っていない、という人も多いのではないでしょうか。

オートで撮った場合、言い方は悪いですが「カメラに撮らされている」という見方もできるのではないでしょうか。せっかく撮影モードが選べるのなら、いろいろ試して写真の上達に繋げてみませんか?

主な撮影モードの種類

一般的にカメラに備わっている撮影モードには、次のようなものがあります。(メーカーによって表示は異なります)

  • オートモード【A⁺】【AUTO】
  • プログラムモード【P】
  • シャッター優先モード【Tv】【S】【T】
  • 絞り優先モード【Av】【A】
  • マニュアルモード【M】
  • その他(夜景モード・風景モード など)※今回は取り上げません。

写真の3要素の記事でも書きましたが、写真には明るさを表す「露出」というものがあります。この露出は「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」をそれぞれ調整することによって決定することができますが、全部カメラ任せにもできますし、一部を自分で調整することもできます。もちろん全部を自分でコントロールすることもできます。

カメラに任せる部分と自分でコントロールする部分を選択するのが、撮影モードの選択です。

オートモード【A⁺】【AUTO】

「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の設定ををカメラにお任せできる、初心者にも安心の撮影モードですね。しかし、カメラにも苦手な撮影環境というのがありますので、そういう環境だと失敗写真を量産してしまう可能性があります。

プログラムモード【P】

「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の個々の設定はカメラに任せますが、写真全体の露出を撮影者がコントロールできる撮影モードです。写真全体を明るくしたり、暗くしたりすることが簡単にできます。

写真を始めたばかりのころ、私はプログラムモードをよく使っていました。まず構図の勉強を先にしたい方はこのモードを使うと良いでしょう。とは言え、いずれ露出についても学ばなければ上達しないので、早めに下の3つのモードを使ってみてください。

シャッター優先モード【Tv】【S】【T】

「シャッタースピード」のみを撮影者がコントロールできる撮影モードです。被写体の動きが速い場合、シャッタースピードが遅いと被写体ブレを起こしてしまうので、速いシャッタースピードを保ったまま撮影をする場合に役立ちます。

あえてブレを活かした撮影も可能です。例えば、流れ落ちる滝やスピード感のある流し撮り写真などがそうですね。工夫次第で面白い写真が撮れるので、ぜひチェレンジしてみてください。

絞り優先モード【Av】【A】

「絞り」のみを撮影者がコントロールできる撮影モードです。絞りのコントロールはボケのコントロールにつながります。全体にピントが合っているような写真を撮る場合は絞りを絞る、逆に被写体以外の場所をボカしたい場合は絞りを開けます。

風景撮影やポートレート撮影の際に活用しやすいですね。手軽に背景をボカしたいわゆる「プロっぽい写真」を撮ることができます。(レンズやセンサーサイズにもよりますが…)

マニュアルモード【M】

「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の全部を撮影者がコントロールできる撮影モードです。それぞれの関係性を理解していなければ、扱うのは難しく感じるでしょう。逆を言えば、マニュアルモードでの撮影は「露出の3要素」を理解する良い訓練になります。

写真をしっかり学びたいと考えているのであれば、ぜひ早い段階でマニュアルモードに挑戦してほしいですね。

私はマニュアルモードを使い始めるのが遅かったので、きっと成長が遅かったんだろうなと思っています。今ではほとんどマニュアルモードで撮影しています。コツさえ掴めば何の問題もありません。

まとめ

今の時代、オートでもそれなりに良い写真が撮れますが、それでは写真の奥深さはなかなか体感できないでしょう。もっと面白い写真の世界が広がっているのに、それを感じていないなんてもったいないですよ!

一歩踏み出してチェレンジしてみてください。少しずつでもいいので試してみて、最終的にはマニュアルモードを使いこなせるようになってください。レベルアップ間違いなしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました