【露出の3要素】絞り・シャッタースピード・ISO感度

スポンサーリンク
基礎知識

写真初心者のみなさん。「露出」のコントロールの仕方、知っていますか?

写真を構成する要素には「露出」「構図」「ピント」がありますが、そのうち、写真の明るさを決定する「露出」について基本的なことから考えていきたいと思います。

露出を決定する3つの要素

「露出」つまり写真の明るさを決定するには、次の3つの要素が関係してきます。

  • 絞り(F値)
  • シャッタースピード(シャッター速度)
  • ISO感度

この3つの要素は、写真を学んだことのない方には馴染みのないものだと思います。というのも、スマホのカメラや一眼レフカメラなどでもオートで撮っていれば、カメラが状況を判断して適正な明るさになるように、3つの要素を決定してくれるからです。

難しいことを知らなくても、また難しいことを考えなくても、適正な明るさになるのはとても便利です。しかしそれでは、表現の幅が広がりません。

まずは、これら露出の3要素がそれぞれどのような働きがあるのかを知ったうえで、みなさんの写真表現の幅を広げるのに役立ててほしいと思います。

絞り(F値)

「絞り」の役割は一度に入る「光の量を調整」すること

まずは「絞り(F値)」について。

レンズの中には「絞り羽根」と呼ばれる部分があります。これが動くことで「光を通す穴」の大きさを調整し、光の量をコントロールします。

その時の絞りを表す数値を「F値」と言い、F1、F1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16…のように表します。

このレンズには6枚の絞り羽根がありますね

人間の眼で例えると、瞳孔が同じ役割をしていますね。明るい場所では瞳孔が小さくなり、眼に入る光の量を抑えていますが、暗い場所では瞳孔が大きく開き、たくさんの光を取り入れようとします。

同じように、写真の場合でも、明るい場所では「絞り」を絞り、光の量を抑えます。この時、F値はF16やF22のように数値が大きくなります。

逆に、暗い場所では「絞り」を開け、光の量を多く取り込みます。この時、「F値」はF1やF1.4のように数値が小さくなります。

そのレンズで一番絞りを開けた状態のことを「絞り開放」と言います。これはレンズによって異なりますが、「絞り開放」のF値が小さいほど価格が高くなる傾向にあります。

「絞り」は「ボケ」の表現にも使われる

「絞り」は基本的には「光の量を調整する」のが目的ですが、副作用として「ボケ」の表現として活用することもできます。

「絞り」を絞ると、ピントの合う範囲である被写界深度が深くなり、手前から奥までピントが合ったような写真になります。風景写真などでよく使われます。

逆に、「絞り」を開けると、ピントの合う範囲である被写界深度が浅くなり、ピントの合っている場所の手前や奥がボケた写真になります。ポートレートなどでよく使われますね。

「絞り」を開け、花の前後をぼかした写真
「絞り」を絞り、雲、飛行機、地上をはっきり写した写真

シャッタースピード(シャッター速度)

「シャッタースピード」の役割は「光の入る時間を調整」すること

「シャッタースピード」はシャッターを開けている時間のこと。

1/4000秒(4000分の1秒)、1/2000秒(2000分の1秒)などの速いシャッタースピードから、1/30秒、1秒、といった遅いシャッタースピードがあります。場合によっては、星空撮影や夜景撮影などでは30秒といったとても遅いシャッタースピードも使います。

シャッタースピードを早くすれば、シャッターが開いてから閉じるまでの時間が短いため、光を取り込んでいる時間が短くなります。当然、取り込める光の量も少なくなるので、暗い写真になります。

逆に、シャッタースピードを遅くすれば、シャッターが開いてから閉じるまでの時間が長くなるため、光を取り込んでいる時間が長くなります。当然、取り込める光の量も多くなるので、明るい写真になります。

「シャッタースピード」は「ブレた表現」にも使われる

シャッタースピードが遅ければ、その間に動いたものは当然、ブレて写真に写ります。そのことを利用して、写真表現として使うこともできます。

水の流れを強調した写真
スピード感を表現した写真

左の滝の写真のように、流れ落ちる水をブラすことによって、水の流れが滑らかになりますが、周りの風景は止まっているので、そのギャップがいいですよね。ただし三脚が必須になります。

右の写真は、被写体である車はブラさずに周りの風景をブラすことで、車のスピード間を表現しています。これは少々技術の必要な撮影になりますが、練習すればできるようになります。

ISO感度

「ISO感度」の役割は「光を受光する感度の調整」すること

ISO感度は「アイ・エス・オー」や単に「感度」とも呼ばれます。

フィルムカメラでは、フィルム自体の光の感度を指しますが、デジタルカメラの場合は、イメージセンサーの光の感度を表します。

感度の低い方から、ISO 100、ISO 200、ISO 400・・・ISO 3200、ISO 6400となります。

ISO感度の数値が高いほど、より敏感に光を受け取ることができるので、暗い場所での撮影の場合、ISO感度を上げてることで、少ない光でも明るい写真を撮れるようになります。

ISO感度は積極的に上げて撮影した方が良いのか?

それは間違いです。なぜかというと、ISO感度を上げることでノイズがのったザラついた写真になりやすいからです。

小さいと分かりにくいが・・・
拡大してよく見てみるとザラついている

スマホの画面でしか見ないなど、小さい写真だとあまり気にならないが、ある程度の大きさにするとノイズが気になります。

どうしてもISO感度を上げなければ撮影できないような状況を除けば、ISO感度は低めにしておくことをおすすめします。

高性能なカメラでは、ISO感度を上げてもノイズがのりにくくなってきているようですが、どこまでが許容範囲か自分の眼で見て判断した方が良いかもしれませんね。

私の場合、日中は基本的にISO100で固定。星空の撮影でもISO1600くらいが限度ですね。

まとめ

「絞り(F値)」「シャッタースピード」「ISO感度」をそれぞれ調整することで、自分好みに露出を調整することができます。

露出を上げる(明るくする)露出を下げる(暗くする)
絞り(F値)開ける(F値を下げる)
 ※ボケが大きくなる
絞る(F値を上げる)
 ※ボケが小さくなる
シャッタースピード遅くする
 ※ブレやすくなる
速くする
 ※ブレにくくなる
ISO感度上げる
 ※ノイズがのりやすくなる
下げる
 ※ノイズがのりにくくなる

露出を調整するとき、3つの要素のそれぞれ調整することで、明るくしたり、暗くしたりできます。しかし露出以外にもどのような作用があるのかをしっかり理解して、写真表現の幅を広げてみてください。

これが分かれば、マニュアルモードを使っての撮影もできるようになりますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました