冬の沖縄のフォトスポット~冬は花見シーズン~

スポンサーリンク
沖縄フォトスポット

沖縄といえば夏!そう思っている方は多いと思います。確かに、沖縄の青い空に青い海のイメージは夏ですよね。しかし、温暖な冬の沖縄も魅力的なところはあるんですよ。

今回は冬の沖縄のフォトスポットを紹介したいと思います。

冬の沖縄の気候

まずは冬の沖縄の気候がどうなのか気になりますよね。

1月~2月の沖縄は温暖とはいえ一年で一番寒い時期になります。平均気温は17℃ほどですが、日中は20℃近くまで上昇し、朝晩は15℃を下回ります。時々ですがグッと冷え込んで日中の最高気温でさえ15℃を下回る日もあります。

本土と比べて気温は温暖ですが、冬の沖縄は風が強いために、体感気温が低いとよく言われています。

天気は夏に比べて曇りや雨の日が多くなりますが、雨が降っても小雨になることが多いです。晴れた日はとても暖かく感じられますので、半袖で過ごす人もたくさんいます。ただ夕方には冷え込んでくるので油断は禁物。羽織るものは準備しておいた方が良いでしょう。

冬の沖縄は花の見頃

冬の沖縄は1月ごろから花の開花情報が聞こえてきます。沖縄の花見シーズンの始まりです。

寒緋桜(カンヒザクラ)

寒緋桜は本土に多くあるソメイヨシノとは違い、濃いピンク色の桜で下向きに花を咲かせます。1月中旬ごろから開花して、開花前線は本島北部から徐々に南下していきます。

1月下旬ごろから本部町の「もとぶ八重岳桜まつり」名護市の「名護さくら祭り」などをはじめ、県内各地で毎年桜まつりが開催されています。毎年この時期を楽しみにしている県民も多いです。

熱帯ドリームセンター チューリップフェア

美ら海水族館のある海洋博公園には、熱帯ドリームセンターという施設があり12月~1月にかけてチューリップフェアを行っています。たくさんの品種のチューリップが約8万本植えられており、館内全体が撮影スポットになります。

熱帯ドリームセンターだけでなく、海洋博公園全体が花に溢れているので、美ら海水族館だけでなく花見も併せて楽しんでほしいですね。

はねじコスモスフェスティバル

名護市の羽地地区の水田では、2期作の間にコスモスの種を植えて緑肥としています。1月ごろにあちこちでコスモス畑が現れ、たくさんの人が訪れています。

同じように、金武町の伊芸地区など県内いくつかの稲作地域ではコスモス畑が現れますので、めぐってみるのもいいかもしれません。

ひまわり畑

コスモスと同じように県内いくつかの場所で冬の時期にひまわり畑も現れます。とくにイベントという形ではないので情報も少ないですが、北中城村や南風原町で見ることができます。

3月~4月には糸満市の平和記念公園で「ヒマワリ畑の迷路」のイベントも行われているので、子ども連れの方は子どもと一緒に楽しめると思いますよ。

まとめ

温暖な沖縄では、冬の1月から花の時期を迎えます。県内各地でイベントが行われていることも多いので、旅行の際にはぜひ立ち寄ってみてください。夏の沖縄しか行ったことがないという方にも沖縄の冬の魅力を味わってほしいです。

イベント情報は各市町村のホームページを確認してください。開花状況はSNSなどで検索すると訪れたばかりの人が発信していると思うので参考になりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました