【構図】基本構図 いくつ知ってる?使えてる?

スポンサーリンク
基礎知識

写真を撮るとき、「何となく」被写体を真ん中に配置して、「何となく」シャッターを切っていませんか?そして「何となく」イマイチな写真だな~なんて思っていませんか?

それは「構図」を意識していないため、「何をどう見せたいか」を表現できていないからだと思います。

ここでは、写真の基本的な構図を紹介したいと思います。

構図とは?

構図とは、写真や絵画の画面上の構成を言います。上手く使えば視線を誘導したり、写真の印象を決定付けることができます。

代表的な構図には「日の丸構図」「三分割構図」「二分割構図」「対角線構図」「三角構図」「トンネル構図」・・・他にもたくさんあります。美術の授業で聞いたことがある構図もあるのではないでしょうか。

いろんな構図を知っていると、同じ被写体でもいろんな角度から見ることができるようになるので、写真のバリエーションも増ますよ。

まずは基本構図を知ろう!

日の丸構図

画面の真ん中に被写体を配置する構図です。構図を意識せず「とりあえず撮った写真」にありがちですね。そのため平凡な写真になることもあります。

その一方、被写体に目が行きやすいので、インパクト重視の場合に有効な構図とも言えますし、レンズの中央部分は歪みも少ないので、商品撮影や図鑑的・記録的に撮る場合にも良いでしょう。

気を付けるポイントとしては、中央の被写体だけに気を撮られずに、周辺部にも目を向けること。ここに余計なものが写り込むと、被写体の存在感が薄れ、何を撮ったのかが分からない雑然とした写真になってしまいます。

三分割構図

画面を縦と横に三分割し、その線上や交点にポイントを配置する構図です。被写体を中央から少し移動するだけでできるので、初心者にも簡単にできます。

被写体を少し移動させることで空間が生まれ、かつバランスの良い構図に仕上がります。上の写真のように、被写体の向く方向に空間をあけると自然な感じに仕上がります。

画面に目印となるグリッド線を表示させると、より撮影しやすくなります。

二分割構図

画面を縦または横に二分割する構図です。海や山などの風景写真に向いており、水平・垂直をしっかりとることで安定した写真に仕上がります。

この写真は、打ち寄せる波と空の怪しげな雲をバランスよく取り入れたかったので、二分割構図にしましたが、海がメイン(もしくは空がメイン)にしたいなら、三分割構図の方が落ち着く場合もあります。

対角線構図

画面の対角線に沿うように配置された構図です。動きや奥行き感を表現できます。

厳密に対角線上に配置する必要はなく、上の写真のように緩やかな傾斜にする場合もあれば、急な傾斜にする場合もあります。それぞれで違った印象になりますので、試してみてください。

三角構図

被写体が三角形を描くように配置された構図です。底辺を下にした三角形を画面いっぱいに配置すると、どっしりとした安定感を得られます。

建造物に使いやすい構図かもしれませんね。高さのあるタワーでも足元から見上げるように撮ると迫力のある安定した写真になります。

トンネル構図

トンネルの奥に被写体を配置したような構図です。自然と被写体に目が行き、奥行き感も表現できます。

トンネルの奥を適正露出にして周辺をアンダー気味に撮ると自然と奥に視線が誘導されます。

シンメトリー構図

被写体が左右対称または上下対称になるように配置する構図です。とても安定して見え、シンメトリーが美しい建築物に向いている構図だと言えます。

実は前に出てきたに分割構図やトンネル構図の写真もシンメトリー構図になっていますね。このように複数の構図が含まれている場合があります。

放射構図

収束点となるある1点から放射状に配置された構図です。

まとめ

ここで取り上げた構図以外にもたくさんの構図が存在します。そのすべてを知る必要はないですが、いくつか知っておくと表現の幅が広がります。

その一方で基本構図に縛られすぎてもよくありません。いわゆる「型にはまる」ということですね。はじめのうちは「型」を習得するのは大切ですが、その「型」から飛び出す気持ちも大切じゃないでしょうか。

基本構図はあくまでも目安と捉えて、バランスを取りながらもオリジナリティあふれる構図を模索することも楽しみの一つだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました