カメラ初心者が知るべきカメラの種類

スポンサーリンク
基礎知識

スマートフォンのカメラ性能も劇的に良くなり、日常的に写真を撮っている人も多くなっていますね。

スマホで撮った写真をインスタグラムなどに投稿している人も多いのではないでしょうか。

  • もっと素敵な写真を投稿したいから、ちゃんとしたカメラが欲しいな。
  • 趣味で写真を始めたいんだけど、カメラについてよく知らないんだよね。
  • 「一眼レフ」とか「ミラーレス」とか聞いたことあるけど、何が違うの?
  • 初心者におすすめのカメラってあるの?

そんな風に思っている人もきっといるでしょう。

写真を趣味にしようと考えているなら、どんなカメラがあって、何を選んだらいいか気になりますよね。

ここでは一般的によく使われているカメラについて紹介します。

デジタル一眼レフカメラ

いわゆる「プロが持っていそうな黒く大きいやつ」というイメージでしょうか。

サイズが大きく重たいカメラが多いですが、大きいことは必ずしも欠点ではなく、手が大きい人にとってはしっかりグリップして安定して持つことができますし、ボタンも指の届きやすいちょうどよい場所に来るように設計されています。

レンズを通った光がミラーに反射し、ペンタプリズムを通って見ることのできる「光学ファインダー」の構造になっています。

レンズは撮影用途によって交換することができます。

ミラーレスカメラ

デジタル一眼レフカメラの後に登場したカメラで、ミラーをなくすことによって小型化されています。そのため持ち歩くのが楽になりました。

レンズから入ってきた光を電子的に処理して、「電子ビューファインダー」や背面液晶に表示させるため、「光学ファインダー」よりもほんの少しライムラグが発生します。しかし、撮影前に明るさや色味などを確認できるというメリットもあります。

女性をターゲットにしたかわいらしいデザインのものも多いです。近年は各メーカーがプロ向けのモデルの販売を開始し、カメラ市場の主流となってきています。

これも撮影用途によってレンズ交換ができます。

コンパクトデジタルカメラ

カメラとレンズが一体化した小型のカメラ。そのためレンズを交換することはできません。

ポケットに入るくらいのサイズのものが多いため、手軽に持ち歩くことができ、利便性が高いです。最近のスマホのカメラ性能の劇的な向上により、利便性という点でメリットを感じにくくなってきました。

1万円程度の安価なものから10万円を超えるような高価なものまであります。

フィルムカメラ

写真を「デジタルデータ」としてではなく、フィルムに像を焼き付けることによって記録するカメラ。

デジタルカメラのように、撮影した直後に画面で確認することができません。(チェキのようなインスタントカメラなら、その場でプリントアウトできるので確認できますが)

現在はデジタルカメラ全盛の時代ですが、フィルム独特の味わいを求めて、好んで使用する人も多いようです。

デジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラの違い

先ほども触れましたが、根本的な違いは撮像素子(イメージセンサー)の前にミラーがあるかどうかです。ミラーがある方がデジタル一眼レフカメラ、ミラーがない方がミラーレスカメラです。

このミラーのあり・なしによって、次のような違いが出てきます。

一眼レフカメラは、ミラーや光学ファインダーの構造を含むため、サイズが大きく重たくなります。しかし光学ファインダーで被写体を確認するできる、つまり光の速さで確認できるので「ここぞ!」というタイミングでシャッターを切るのに適していると言えます。

ミラーレスカメラは、ミラーや光学ファインダーの構造を含まないため、サイズが小さく軽く設計できます。日々持ち歩き写真を撮るということも苦にならないでしょう。ファインダーが「電子ビューファインダー」になるためわずかなタイムラグが発生してしまいますが、撮影前に写真の仕上がりを確認できるので、失敗写真を減らすことができます。

デジタル一眼レフカメラ・ミラーレスカメラとコンパクトデジタルカメラの違い

違いはレンズを交換できるかどうか。

デジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラの場合、カメラ本体(ボディ)とレンズは別々なので、撮影用途によって、下のように様々なレンズを使用することができます。これが最大の魅力だとも言えます。

  • 風景写真 → 広角レンズ
  • ポートレート → 標準レンズか中望遠レンズ
  • 鳥や飛行機 → 望遠レンズ
  • 背景をボカしたい → 単焦点レンズ
  • 広角~望遠を1本にまとめたい → 超高倍率ズームレンズ

コンパクトデジタルカメラの場合、カメラ本体とレンズが一体となっているため、レンズ交換はできません。選ぶときは、どれだけ広角で撮れるのか、どこまで望遠で撮れるのか(焦点距離の範囲)を確認した方がいいでしょう。一方でコンパクトに設計されているので、持ち運びのしやすさには大きなメリットがあります。

デジタルカメラとフィルムカメラの違い

写真を何にどのように記録するかの違いです。

デジタルカメラの場合、撮像素子(イメージセンサー)が光を受け取り、デジタルデータとしてSDカードなどのメモリに記録します。デジタルデータなので、その場で画面に表示し確認することもできますし、その後編集ソフト用いて編集することも容易です。

フィルムカメラの場合、フィルムが光を受け取り、フィルムに直接記録します。フィルムに記録されたものを現像して紙に印刷することで見ることができます。

スマホのカメラよりデジタル一眼レフカメラ等の方がやっぱりいいのか?

何を基準に良いとするかは、人それぞれですが、よりきれいな写真を撮ったり、撮れる写真の幅を考えたら、デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラを使うべきでしょう。

スマホのカメラはあくまでも「スマホに付随するカメラ」であり、設計の段階から多くの制約があります。

その一つがセンサーサイズ(撮像素子の大きさ)です。スマホのカメラは小さなスマホの中に入るサイズにする必要があるので、必然的にセンサーサイズは小さくなります。センサーサイズが小さいと、基本的に光を捕らえる能力が低くなりますの、暗い場所での撮影やボケを活かした撮影は苦手なことが多いです。

最近のスマホのカメラは、レンズを2つ、3つ付けてカメラ内で合成することにより、その弱点をカバーするものも登場しています。

これから写真を趣味にしたい初心者におすすめのカメラ

これから趣味として楽しみたいのなら、ミラーレスカメラをおすすめします。理由は下の通り。

  • レンズ交換ができるので、写真の幅が広がり、より写真の魅力を堪能できる。
  • 小さくて軽量のカメラなので、持ち出すのが億劫になりにくい。ゆえに写真を撮る機会が増え、上達が早くなる。
  • 各メーカーがプロ向けのモデルを出すなど開発に力を入れているので、今後のカメラの主流となる。

ミラーレスカメラ、私は持っていません。欲しいです。いずれ買うつもりです(貯金しなきゃw)

おすすめとは言え、最新のカメラや高性能のカメラはやはり高価です。お財布との相談になると思いますが、あまりお金をかけられないという場合は、1世代、2世代前のモデルや中古カメラに目を向けてみても良いでしょう。少し古いカメラであっても、写真の魅力は十分に楽しむことができるはずです。

まとめ

初心者には難しく感じるカメラの種類ですが、なによりも実際に手に取って使ってみることをおすすめします。使って初めて分かることってありますからね。あと、身近に詳しい人がいたら聞いてみるといいですよ。よろこんで教えてくれるはずです。

あなたにとって最高の一台をみつけて、楽しい写真ライフをスタートしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました